足の甲の鈍痛の原因と対処

足の甲の鈍痛の原因と対処

歩き疲れた時に足の底が痛むこともあれば、足首が痛むこともあります。そして、足の甲に鈍痛が起こることもあるでしょう。特に、踵の高い靴を履いた時は、無理やり足の甲を前に曲げる形になるので、痛むことも多いようです。

さらに、歩くことができないほどの鈍痛であれば、骨折を疑う必要もあるでしょう。サッカーやバスケットボールなどの競技を行っていると、接触した際に足の甲を骨折することもあり、ジャンプなどを繰り返すことで疲労骨折が起これば、かなりの鈍痛が起こるようです。

ただ、足の甲の鈍痛は必ずしも骨折で起こるとは限りません。たとえば、激しい運動をすることで起こる骨折や疲労骨折とは真逆で、運動不足が原因で足の甲に鈍痛が起こる場合もあります。

半身不随 回復

では、運動不足でなぜ足の甲に鈍痛が起こるかと言えば、運動しないことで血液の流れが悪くなるからです。この場合、鈍痛の直接の原因は血行不良ということになりますが、血行が悪くなれば心臓から最も遠い指先まで十分に血液が行き届かなくなり、血液の流れが悪くなれば温まりにくくなります。

つまり、運動不足によって身体の血行不良を起こしやすくなると、一番先に足に負担がかかり、指が冷たくなり、甲に鈍痛が起こるようになることがあります。

また、足がむくんだり、ふくらはぎに下肢静脈瘤ができやすい方の場合も、足の甲に鈍痛を感じることが多いのではないでしょうか。むくみやふくらはぎの下肢静脈瘤は、静脈の血液をスムーズに足から心臓まで戻すための弁がうまく働いていないために起こるわけですが、同じように足の甲にも影響が出てしまい、鈍痛となって現れると思います。

そういった、下肢の不具合を解消するには、貧乏ゆすりが適していることがわかっています。貧乏ゆすりは、微妙な振動を足をはじめ、身体のさまざまな部分に伝えることができ、脳への血流改善にも効果があると言われています。

足の甲は、貧乏ゆすりが起こる最も近い場所でもあり、貧乏ゆすりの効果で足の甲の鈍痛も解消できるのではないでしょうか。

半身不随 回復

お問合せフォーム

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせ下さい。

  1. 必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックして下さい。
  2. 折り返し、担当者よりご連絡させていただきます。(24時間以内 土日祝祭日の場合は翌日)
    お急ぎの場合、より詳しくお知りになりたい場合は、お電話(0120-110-888)までお電話下さい。
  3. 万一弊社から、ご連絡がない場合は、大変お手数をお掛けいたしますが、お電話メールにて再度ご連絡をおねがいいたします。
  4. 決して強引な営業などは致しませんので、ご安心してお問い合わせください。
  5. お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。
健康耳より情報 希望する希望しない
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
お問い合わせ内容(必須)