「ふくらはぎがつる」どうやって防止するか?

「ふくらはぎがつる」どうやって防止するか?

ふくらはぎ つる 防止
突然ふくらはぎがつることがありますが、防止するために何か工夫していることはあるでしょうか。眠っている時にふくらはぎがつると目が覚めるほどの痛みを感じ、飛び起きてしまったような経験は誰にでもあるでしょう。

中には頻繁にふくらはぎがつるために、恐怖を感じている方もいるようです。そして、なんとか防止して安心して眠りたいことでしょう。

ふくらはぎがつることをこむら返りという言い方をすることもありますが、指先を延ばしたりふくらはぎをさすってなんとか痛みが取れたとしても、しばらくの間はしびれが残って、ちょっと足を動かしただけで再びつることがあります。

つまり、一時的に痛みが解消しても安心してはいられません。そして、たびたびふくらはぎがつるようであれば、防止策も考えなければなりません。

睡眠中のこむら返りは痛みに我慢するだけで済むかもしれませんが、水泳のような運動の最中にふくらはぎがつることがあれば、大きな怪我を負うことにもなりかねません。

また、車の運転中にふくらはぎがつるようなことがあれば大事故につながることもありますので、一時的な防止策ではなく、こむら返りを起こしにくくなるような防止策が必要です。

ふくらはぎ つる 防止

ふくらはぎがつる時の防止策

ふくらはぎがつるのは足に疲労がたまっていることや、水分不足が原因だとも言われていますが、入浴時にふくらはぎをマッサージしてみるのも防止策の一つでしょう。

また、足を高くして寝たり、水分を補給することも、ふくらはぎのこむら返りの防止効果があるでしょう。

そして、ふくらはぎがつるのを防止するには、血液の流れを良くすることが何より重要です。

実は、下肢の血液の流れは、ふくらはぎの筋肉が固くなって筋力が衰えたことが影響することも多く、血行不良はふくらはぎがつる原因になっているようです。

しかも、血行不良は身体の冷えとも関りがあり、冷えはさらに筋肉を硬直させてしまいますので、ふくらはぎがつる原因にもなります。

つまり、血行不良の防止には、歩行運動のような足の筋肉を使う運動が必要であり、たとえば足ふみ運動も適していると思います。寝る前の数分間、足ふみ運動を繰り返すことで、ふくらはぎのつり防止になると思います。

お問合せフォーム

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせ下さい。

  1. 必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックして下さい。
  2. 折り返し、担当者よりご連絡させていただきます。(24時間以内 土日祝祭日の場合は翌日)
    お急ぎの場合、より詳しくお知りになりたい場合は、お電話(0120-110-888)までお電話下さい。
  3. 万一弊社から、ご連絡がない場合は、大変お手数をお掛けいたしますが、お電話メールにて再度ご連絡をおねがいいたします。
  4. 決して強引な営業などは致しませんので、ご安心してお問い合わせください。
  5. お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。
健康耳より情報 希望する希望しない
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
お問い合わせ内容(必須)